【大豆麺レシピ】九州まーめんでつくる、冷やし中華

 
夏の麺料理といえば、やっぱり冷やし中華。

でも、小麦麺では炭水化物がメインとなり、たんぱく質も不足しがちです。大豆麺「九州まーめん」を使えば、気になる糖質をおさえながら大豆たんぱく質もしっかり補うことができますよ。

 

【材料】〔2人前〕

九州まーめん 2玉
きゅうり 1/2本
チャーシュー(焼豚) 大2枚
ハム 2枚
トマト 1個
卵 1個

<ごまダレ>
水 大さじ3
鶏がらスープの素 小さじ1 1/2
しょうゆ 大さじ6
酢 大さじ3
砂糖 大さじ1 1/2
ごま油 大さじ1 1/2
練りごま(白) 大さじ4 1/2
すりごま 大さじ1 1/2

<しょうゆダレ>
水 大さじ3
鶏がらスープの素 小さじ1 1/2
しょうゆ 大さじ6
酢 大さじ6
砂糖 大さじ3
ごま油 小さじ1 1/2

 

【作り方】

1. 九州まーめんを茹でる。茹であがった麺はをざるにとり、冷水で冷やし、水気を充分に切る。(※麺の茹で時間目安:18分ほど)

2. ごまダレ または しょうゆダレ、お好きな方の調味料を合わせてタレを作っておく。

3. 薄焼き卵を細切りにして、錦糸卵にする。きゅうり、チャーシュー、ハムも細切りにし、トマトは薄い半月切りにする。

4. 麺と3で切った具材を皿に盛りつける。

5. 2で作ったタレをかけて、できあがり!