糖質制限中も「お酒」を飲みたい!  飲んでいい酒、ダメな酒の見極め方。

 「乾杯!」
お祝いの席やお付き合いで、お酒はつきもの。仕事終わりの一杯も格別ですよね  

ダイエットいえば禁酒のイメージがありますが、低糖質ダイエットで嬉しいのは「お酒NGではない」こと。無理な禁酒でストレスをためる必要がありません。

でも、何を飲んでもいいというわけではありません。飲んでも大丈夫なお酒と、飲んではいけないお酒があります。これを覚えておくだけで、安心してお酒を楽しめますよ。早速チェックしていきましょう!

飲んでいいのは「蒸留酒」
ダメなのは「醸造酒」

お酒の種類は数多ありますが、低糖質ダイエット中に覚えておきたい基本的な区分は2つ。 

「飲んでもいいアルコール=蒸留酒」
「飲んではいけないアルコール=醸造酒」 

この2つ、違いは糖質の含有量なんです。

 

まず、OK区分の蒸留酒
ウィスキー、焼酎、ブランデー、ラム、ウォッカ、ジンなど。これらのお酒には糖質がほとんど含まれていません。 


オススメの飲み方は、ストレートや水割り、炭酸水割りなど。ハイボールやジントニックといった「甘い味に仕上がっていないもの」を意識しましょう。
甘いジュースや果汁で作るカクテルや酎ハイは、糖質が多くなってしまうので避けてくださいね。


NG区分の醸造酒といえば、ビール、発砲酒、日本酒、シャンパン、紹興酒、甘口のワインなどが挙げられます。 これらは穀物や果物が主原料なので、どうしても糖質が多く含まれてしまうんですね。


宴会などでは「とりあえずビール!」のシーンも多いですが、ここはグッとこらえて。最近はハイボールで乾杯する人も少なくありません。どうしてものときは、最初の一杯だけにとどめておきましょう。
ちなみにワインは、辛口なら白ワインも赤ワインも大丈夫ですよ
 

ご存知ですか?
糖質ゼロ・糖質オフの違い

糖質制限ブームの中、糖質ゼロ」や「糖質オフ」をうたったアルコール類をよく見けるようになりましたよね 

糖質ゼロ、糖質オフ、糖質○○%オフ、糖質控えめ、などなど。
いろいろな表記がありますが、実は「糖質ゼロ」と「糖質オフ」では含まれている糖質量に違いがあるのをご存知ですか? 含有量によって、表記できる言葉が違うんですよ。

こちらの図をご覧ください。

糖質ゼロ」は、100mlあたりの糖質量が0.5g未満のお酒。
「ノン」「レス」「無」といった 
含まない” ことを意味する言葉を使った表記が許可されています。0.5g未満であれば良いので、完全に「ゼロ」というわけではありません。わずかでも糖質を摂りたくない方はご注意くださいね 

糖質オフ」なら、100mlあたりの糖質量は2.5g未満。
「カット」「低」「控えめ」という、 低い” ことを意味する言葉が使われています。

オフと書かれていても、「糖質○%オフ」という場合は 比較対象商品に比べて糖質が○%少ない、という意味になりますので、糖質量はさまざま。よく見ると「当社の○○○と比べて…」という注意書きが入っています。

同じような表現に見えても、こうした明確な差があるのですね。
覚えておくと、糖質制限の度合いに合わせてうまく活用できるはずです。
 

糖質量はOK! でも、
飲酒量には気をつけよう。


種類さえ気をつけていればダイエット中でもアルコールを楽しめるなんてお酒好きには嬉しい低糖質ダイエット。とはいえ、油断は禁物! 低糖質ダイエット中だからこそ、飲酒量には注意が必要なんです。  

なぜなら、糖質制限をしていると「いつもより酔いやすくなる」のです。 

その理由は2つ。

ひとつ目は、体内の水分量が少なくなる」から
糖質には水分を抱え込む働きがあるので、糖質制限中に体内の糖質が減少すると、それに比例して水分量も少なくなる傾向にあります。そのため、血液中のアルコール濃度がいつもより高くなり、普段よりも少ないお酒で酔ってしまうのです。
糖質制限中はいつも以上に水分補給を心がけ、アルコール摂取量には十分に注意しましょう。

ふたつ目は、肝臓の働きが低下するから。
糖質制限中は、糖質に代わって脂質やたんぱく質をエネルギー源とするため、脂肪酸の分解や、アミノ酸の代謝(たんぱく質の分解)が活発になります。それらは全て肝臓で行われているので、 当然、負担がかかりやすい状態にあります。そこにアルコールが入ってくると、肝臓はいっぱいいっぱい。働きが低下するため、血中アルコール濃度が高くなりやすいのです。 

 

「お酒には強いから大丈夫!」と過信せず、糖質量のコントロールと共に飲酒量もうまくセーブして、健康的に楽しみたいですね。ストレスをためず、お酒とも上手にお付き合いしながら健康ボディを目指しましょう。 

 

次回は、あなたが低糖質ダイエットに向いているかどうかのチェックです!
更新をお楽しみに。
→「糖質制限にも相性がある!? 低糖質ダイエットに向いている人、いない人」

 

…………………………………………

参考:
江部康二(2016)『よくわかる!すぐできる!「糖質オフ!」健康法』PHP研究所
山田悟(2017)『糖質制限完全マニュアル 血糖値が安定すればやせられる』文藝春秋